スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集金の最後は美容院

 月末、なんとか集金を終えようと頑張るが、何度足を運んでもお留守もある。仕方ないのでまあ夜にでもと。
 午後の最後のお宅として美容院へ。カットしていただく。

13-01-31自分

 やっぱり左目ちょっと歪んでますね。注射の影響でしょうか??(鏡ですから 反対に見えます)

スポンサーサイト

眼球に注射をプスリ!

 午前、予約通りの時間に行くも、すごい大勢がお待ち。診察室は5診あるもいずれも満員。
 視力・眼圧検査それぞれの場所でばらばらに。視察を受けたのは14時。「白内障が急速に進んで見えにくい。手術お願いします。」「機械をあご載せて睨み」「上 右上 右 右下 下・・・・左上」と8か所へ視線を動かす。
 結果、白内障手術は出来ない。出血している。もう一つ検査します。またまたしばらく待って“眼底撮影”。さらにまたまた待って診察。「やはり腫れてます。ちょっと予約見てきます。」と先生出て行かれたが結局「今日注射しましょう!!」となる。
 「向こうのベッドで寝て待ってください」。またまたまたまた待つことに、婦長さんにはあちこちから院内電話、外線と思われる電話じゃんじゃんかかってきてる。その合間に「注射しますから目薬3回入れますから~」1回入れて、またあれこれ問い合わせが来ている。やっと出たことば「何回しました。1回だけでしたか~」2回目注入。「しばらくお待ちください」。
 次は検査技師主任と思わしき人、「3回目薬です」。その方もあれこれ仕事しながら~。「とにかくベットへ横になってください」しばらくして「すみません。起きられますか~。注射の同意書かいてください。」
 やっとやっと先生がきて「お待たせしました。」と注射の準備始める。洗眼、消毒など結構な手筈。麻酔しているから痛くないだろうが注射針が目に襲いかかってくるのは恐怖だ。終わりは16時30分。

日曜日は津波避難訓練

 甲子園五番町は26名参加。要請は20名だったが。武庫川学院甲子園学舎まで集団行進。
 実際の災害時には集団で歩くのは危ないのでは~。

 夕方、連れ合いと梅田へぶらぶら。

土曜日宣伝 町内巡回

 第4土曜日はスーパー前宣伝。ピーコックとCOOP西宮東の2ヶ所で。

113-01-26宣伝

 寒くてぶるぶる震えながら、しかししっかり情勢を訴える。

 午後6時からからは町内自治会の地域巡回行動、毎月2回行動。

 その後は生活相談。92歳のお父さんが「余命いくばく」と宣告された。年金が少額で蓄えは皆無、お葬式も出しかねるとのこと。世相を反映した相談だ。

日曜版配布・後援会ニュースを届ける段取り

 1月25日(金)はベットをなかなか出れず。昼近くになってやっと脱出。日曜版配布と後援会ニュース配布の段取り=封筒に宛名印刷をしてニュースを入れる。

 白内障が急速に進行したため、スマホの字が読めない。したがってスマホでの対処は出来ないので、その分『友達』の皆さんには何かと失礼があるだろうと思う。まあ、このパソコンは文字を最大にしているのでぼちぼちやれるのでゆっくりの対応になります。

桜宮高校のこと

 体育科など2科の入試中止という措置を大阪市教育委員会が決めたことは、教育委員会の独立行政機関としての役割を自ら放棄したものだ。教育行政は政治的なものから“独立性”を保つために設立されたものであり、当初、教育委員は公選制であった。現在は首長が議会に提案して専任される制度になっているが、その独立性は変わりない。
 橋下市長が学校教育に口出しするのは違法である。その口出しに屈服した教育委員会はなんともなさけないことだ。しかも、「入試を中止」なんてことは、受験を目指していた子どもたちにとってはまったく寝耳に水、晴天のへきれき!!以外のなにものでもない。やっと進むべき道を親と教師の助言で決めたばかりの中3生にとっては、橋下市長から「どつかれた」「将来を狂わされた」想いでいっぱいだと思う。また、在校生にとっても「手足をもぎとられたような」言いようのない悲しい気分にさせられていることでしょう!!
 15-18歳の時代は人生で最も変化が劇的に進む時期である。年寄ってからの3年間とは、全く異質な発展を遂げる時期だ。その大切な時代を、一番の思い出多き時代を踏みにじられたのだから、怒り心頭に及んでいることでしょう。
 私は高校卒業ご57年になるが、未だに母校のあり様が気になる。同窓会理事会、学年会、クラス会にも出ていく。仮に母校の後輩たちが橋下市長みたいなやり方の攻撃を受けたときはどうするだろうと考える。あれもこれも~~と。

 桜宮高校卒業生のみなさん、父母のみなさん、地域のみなさんも生徒を支援してあげてほしいです。

午後俳句会

 1月19日午後、随分久しぶりの『句会』。といっても以前の句会の主宰が高齢のため引退されたので、その弟子(西宮市役所の後輩)達がやっておらる会に誘われたので。
 市役所退職者が7人。中に息子が40年以上前に保育所でお世話になった『元保育所長さん』もおられた。まあ、ぼちぼちやりながら仲良くなりましょう!
 1月例会なの、で新年会は西宮北口のカラオケ喫茶に。80歳を超えた方も数人おられるがなかなかのものでした。

今日も新年会です

 今日15日(火)のお昼尼崎で(といっても武庫川を超えたところ)町内の老人クラブの新年会。
 連れ合いが会計係だし、自分が『自治会の代表』でもあるのでなるたけ出るようにしています。お酒は控えましょう! 夜には支部会議がありますし~~。

 昨日の連合自治会新年互礼会の清算報告書が出来たので代表幹事宅に届けよう!ついでに銀行から引出。公民館の集会室申し込みも。

全国手作りぞうりの会はまやんに逢う

 夕方ちょっと前阪神甲子園駅西出口前で『浜田正博さん』に逢った。
「やあ!こんにちは。今鳴尾北連合自治会の新年互礼会の帰りです」
「阿波角さんだいぶん繋がり広げてますね」
「まあぼちぼちです。はまださんはお友達なん人ですか?」
「800くらいかな!1000人にはしたいですわ、でも追いかけてはいけません」
「あちらから来はるのまたんとあきませんね。やっぱり個人的つながりが大事ですよね」
「阿波角さん、昔分局にいたK君知ってますやろ。今九州に居られるが繋がりましたよ。」
「ああそですか」
「ちょっと買いモンに来たんですわ」
「写真撮らせてください」
「私ですか?ハイハイ!」


13-1-14浜田

13-1-14浜田2

 甲子園駅工事中です。

13日コナミへ

 コナミへ行く。毎度ですが阪神電車甲子園駅上りホームに立つと、大阪方面行き降車専用ホーム、取り壊しはじめている。県道の上の駅だから難工事だと思う。
 この道路は甲子園球場が建設される前は枝川だった、申川という支流もあった。その分流地点に球場が建てられたんです。


13-1-13甲子園駅

11日宣伝今年も

 日本共産党鳴尾北支部は11年7月11日から毎月行っている『11日宣伝』を1月11日に行いました。支部からは3名でしたが佐藤みち子市会議員も参加してくれました。

13-1-11甲子園宣伝 001

13-1-11甲子園宣伝 005

盛大に旗開き

 1月10日(木)、毎年第2木曜日に開催されている西宮芦屋地域労連の『旗開き』。

1-10旗開き

 今年も130人以上が参加しました。

18時からです。西宮芦屋地域労連旗開き

 今日、18時開会。

 西宮勤労会館4階 第8会議室。

 西宮芦屋地域労連旗開き。構成組合の組合員はだれでも参加できますよ。

石川康宏先生の昨年12月1日の安心年金つくろう会での記念講演の一部

 ぜひ重視してほしいのは、一人ひとりがよく学ぶということとあわせて、インターネットで発信をするということです。ツイッターやフェイッスブックをつかって、世論を組織することです。橋下氏はツイッターのフォロワーが90万です。私は1,700人で私一人では勝負にならないのですが、私が1,000人いたら橋下の2倍になり170万位になります。

 問題は長く運動してきた人たちがこの現場でもたたかおうとしているかどうかです。インターネットが嫌いだという人がいます。嫌いだという理由で電話かけしないのか? 嫌いだという理由で演説をしないのか? 嫌いだという理由でビラも配らないのか? 同じです。たたかいの現場はすでにつくられていて、橋下氏は毎日睡眠時間を削ってつぶやき続けているし、最近は安部晋三もすごいつぶやいています。自分を支持させる世論を自分の努力でつくっているのです。その時に私たちが嫌いだといってやらないのは敗北主義以外のなにものでもないです。勝てなくていいと思っているのかという話です。

 フェイスブックは自由に意見交換ができるのが特徴です。エジプトのジャスミン革命はフェイスブックを武器につくられましたし、アメリカのオキュパイ運動もフェイスブックによって広まりました。

 ツイッターで発言するときは個人が鍛えられます。今朝、新聞をみて石原都知事辞任と出ていると、その瞬間からワーと議論がツイッターではじまります。ところが大きな組織に入っている人は、上部団体が声明を出すのをじっと待っていてすぐにかんでいかないのです。つまり、自分の頭で考えないのです。自分の頭で考えて発信せず、3日後に上部団体の声明がでたら、要約して流し、詳しくはこちらをと書く。それは、完全に情勢遅れです。3日前からやっている人から見るとこの人たちはとろいと思うのです。3日後に同じ意見が一斉に流れてくると気持ちの悪い集団だなと思われるのです。操られているな気の毒にと思われるのです。

 官邸前に参加する人は、誰かに言われて参加するのではなしに、インターネット、フェイスブックやツイッターを見てくるのです。そこに、どれだけ私たちがその人たちの気分感情にかみあった言葉を使って登場していくかということが問われています。それが、私たち一人ひとりが「組織内お任せ民主主義」を超えて、「執行部頼み」を超えることです。執行部よ良い方針を出してくれといっている暇があったら、あなたがつぶやけという話です。そうやって自分の判断力を鍛えていかなければいけないのです。

 今までのたたかいに加えて、インターネット上での言論合戦、誰が多数を握るかというたたかいは、拡大していきます。携帯電話でメールの打てる人であれば、いまでもすぐにできるたたかい方なのです。

アメリカニューヨーク州議会で「従軍慰安婦」問題で決議案提出

 『人道に対する罪』で日本政府に謝罪求める=しんぶん赤旗が報道。

 日本軍の『従軍慰安婦』は人道に対する罪だとして日本政府に公式に謝罪を求める決議案が、近く米ニューヨーク州議会上下両院に提出される予定です。決議案を検討している同州議会のトニー・アベラ上院議員とチャールズ・ラビン下院議員が7日、ニューヨーク市郊外の記者会見で明らかにしました。

 アメリカではこれまで、1999年にカリフォルニア州議会上院で同様の決議案が通過し、2007年には連邦議会下院で決議が採択されました。昨年9月にはニュージャージー州議会でも類似した内容の決議案2件が上程されています。

 NHKによると、ニューヨーク州議会に近く提出される決議案の草案は、「従軍慰安婦」は多くの人が巻き込まれ、残酷で人道に対する罪に当たるとし、日本政府に対して歴史的な責任を認め、女性たちへの公式な謝罪を求めています。

 2人のニューヨーク州議会議員は、「アメリカは日本という素晴らしい国の同盟国で友人だ。しかし、過去の罪や過ちは忘れてはならない。安倍首相の訪米の際にはそのようなメッセージを伝えたい」などと述べました。来週にも決議案を州議会上下両院に提出し、採択を目指すとしています。


1-9赤旗

なまけていた!!

 FACEBOOKに書き込みしているからか、ここへの書き込みが少なすぎた。

1-8南座
 
 年金者組合主催前進座新春特別公演の観劇会=京都四条南座。演目は『雪祭五人三番叟』『赤ひげ』。
 この三番叟は初めて観た。『赤ひげ』は3回目だったと思うが。前進座こその台詞がどんどんとびだしてきて熱演。演じ方も改善していってる。
 やはり舞台はいいなあ!と感激。

 2月17日にも日本共産党後援会の観劇会が大阪文楽劇場である。これも毎年参加。

 そういえば前進座を初めて観劇したのはたしか1958年か59年だった。毎日新聞会館で『象ひき』。もうこんな演目を観ることはできないだろう。

元旦は外出しなかった

 元旦は1歩も外へ出なかった。新聞読んだだけ。年賀状500枚ほどくる。出さなかった方3人から届いていたのでそれは書いてみたが、もう夜中。投函は2日になる。

 メールで結構届いたな。日頃のお付き合いもあるが住所は知らなくてメールだけで連絡を取りあってる方が結構いるのを再認識。若い方が多いけど。
プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。