スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月26日(水)は大阪市大正区へ行ってきた

 ちょうど75歳になった。病院へ定期的に通っているが次回からは『後期高齢者医療保険証』が必要だ。

 前から気になっていた大阪市大正区の出生地を訪ねてみようと出かけた。
 何度か行ってるのだが、今度行ってびっくりしたのは、43号線の敷地の取り込まれているとばかり思い込んでいたのだが、どうも違うような気がした。それは目印となる八阪神社と呑海寺から目測して43号線とすれば、あまりに近くすぎる。どうみても43号線をはずれた南側ではなかったかという思いが強くなった。その南側は現在の町名は千島1丁目である。
 それで、大正図書館で古い地図がないか聞いてみたが『大正時代』の地図と昭和50年代の住宅地図しかない。住宅地図を見ていると、町名変更にはなっていて住居表示番号とともに、古い地番が記入してある。
 ああこの地番はもしかして“探していた地番”ではないかと思い当り、再度現地へ行く。しかし、神社もお寺もお留守。古くからお住まいのような家は見当たらない。昼過ぎで道を通る人もいない。しばらく立ち止まっていたら、たまたま、スナックの扉が空いてママさん(かなり齢をくった)が顔をのぞかせた。そこて聞いてみた。「この向かえ側は昔三軒家町3丁目ではなかったですか」「ああそうですよ。今は千島1丁目ですけれど~」それで確信した。
 兄貴に地図を見せれば間違いのない判断をしてくれるでしょう。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。