スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜宮高校のこと

 体育科など2科の入試中止という措置を大阪市教育委員会が決めたことは、教育委員会の独立行政機関としての役割を自ら放棄したものだ。教育行政は政治的なものから“独立性”を保つために設立されたものであり、当初、教育委員は公選制であった。現在は首長が議会に提案して専任される制度になっているが、その独立性は変わりない。
 橋下市長が学校教育に口出しするのは違法である。その口出しに屈服した教育委員会はなんともなさけないことだ。しかも、「入試を中止」なんてことは、受験を目指していた子どもたちにとってはまったく寝耳に水、晴天のへきれき!!以外のなにものでもない。やっと進むべき道を親と教師の助言で決めたばかりの中3生にとっては、橋下市長から「どつかれた」「将来を狂わされた」想いでいっぱいだと思う。また、在校生にとっても「手足をもぎとられたような」言いようのない悲しい気分にさせられていることでしょう!!
 15-18歳の時代は人生で最も変化が劇的に進む時期である。年寄ってからの3年間とは、全く異質な発展を遂げる時期だ。その大切な時代を、一番の思い出多き時代を踏みにじられたのだから、怒り心頭に及んでいることでしょう。
 私は高校卒業ご57年になるが、未だに母校のあり様が気になる。同窓会理事会、学年会、クラス会にも出ていく。仮に母校の後輩たちが橋下市長みたいなやり方の攻撃を受けたときはどうするだろうと考える。あれもこれも~~と。

 桜宮高校卒業生のみなさん、父母のみなさん、地域のみなさんも生徒を支援してあげてほしいです。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。