スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多喜二祭へ

 高校時代、赤旗を出屋敷に買いに行ったりしていたので、小林多喜二をどこかで知ったのでしょう。3年生になった4月8日に甲東園駅前の宝盛館という本屋で新潮文庫の『蟹工船・党生活者』を買った。この文庫本は今でも持っている。紙質が悪くて真っ黒、読めたもんではないが~。

 それはともかく、神戸市のじぎく会館。小林多喜二生誕110年、没後80年記念祭に参加。多喜二の著作が今の情勢に如何に働きかけねばならないかを示してくれる。
 凄い革命的作家だ。


130223.jpg
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。