スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月15日(月)は今日でした

 昨日間違って『66年前の今日』について何人もの人にメールした。毎日が“休日”だと、ほんとに日付、曜日が分からなくなってしまう。

 66年前の15日は晴天だった。午前中に警報警報が発令され、解除放送の時「正午に重大放送がある」と予告された。
 ラジオの前に近所の農家の方が沢山集まって来ていた。一人以外に誰も意味がわからなかった。大叔父が「負けたがいや!」と言った。皆さんビックリ!していた。
 中学4年の兄が「広島に新型爆弾が落とされて被害大らしい」と言った。
 私は小学2年。宮本百合子がその10月11日にトラックに乗って通過したであろう加古川からひとつ東の駅『土山』から1里北へ入った、天満村国岡に居た。
 まさに「日本中が、森閑として声をのんでいる間に、歴史は、その巨大な頁を音も無なくめくったのであった。(播州平野)」その瞬間」だった。
 午後母親の後をついて、大叔母の家へ行ったが、みんな大座敷に黙って座りこんでいるのを見た。

 毎年8月15日には、あの時のことが走馬灯のごとく甦る。

 今日はともかく11時からの甲子園球場東南での街頭演説へ行ってみよう。

 赤旗が休刊、前衛9月号を読む。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。