スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「4中総」をゆっくり読む

 「しんぶん赤旗」を取り込み、4中総を読んでいく。一昨日、パソコンで視聴していたから特に?というところはない。
 党の前進のために、中間機関がその要請されている任務を全うできるよう成長することが急がれる。
 地区委員が『支部の援助・指導に入れない』という悩み、をどう解決するのか。個々の地区委員はそんなに沢山の支部を担当しているわけではないだろう。とにかく、支部長と面接することだ。支部長から「ぐち」や、悩みを聞かせてもらうことだ。
 支部会議に出席する場合は一番早く行って待つようにする。それをな何度か繰り返す。

 だいだい大上段に『指導』しようなんて考えても、新しい支部を立ち上げたとか、長く会議が開かれてなかった支部を立て直したとかの経験を持った地区委員は極少ないと思う。そんな中で『指導』が出来るわけがない。支部から『学ぶ』姿勢が大切だ。
 それと、地区委員会での論議を一般論、総論だけでなく、個々の委員の具体的任務についても、それをどのようにやるつもりか、やればよいのか、という会議の中で自己変革を起こさせる討議を組織することだ。その責任は地区委員長が負うべきだ。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。