スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょびっとのアルバイト収入からも所得税が天引きれている

 2月5日(日)午前中自宅でごそごそ。しんぶん赤旗読んで、寒中見舞状への御礼書いたり。

 午後は日曜版読者Hさんからの相談があり、駅前で待ち合わせお話する。
 昨年働きだした、週3日、1日3時間のパート収入の源泉徴収票を見せてもらうと、しっかり所得税が天引きされている。
「こんなわずかな賃金からでも税金とるのですか?」
「税法で一定の率で源泉徴収することになっています。職場の係りの方も迷惑だと思いますよ。確定申告すれば返ってきますから~」
 お手伝いはしなければー。
 父親が施設入所、母親は認知症、自宅で介護しておられ、本人も病弱なためフルタイムでは働けない。市営住宅家賃を減額してもらっているが、今年は昨年の『給与収入がある』から減額されなくなるのでは~と心配されている。
 父母の年金・本人の給与合わせても“生活保護基準”に満たないが“生活保護受給”は拒否されている。
「父が入所しているからいいものの、二人を家で介護することはとてもできません」とも
「でも、誰かが亡くなり年金が切れたらどうしようもありません」とおっしゃってました。

 民主党がこういう人に対しても年金をカットして、消費税を5%も引き上げるというのは絶対に許せない。Hさんのような人は例外ではない。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

阿波角孝治

Author:阿波角孝治
行政書士
日本共産党鳴尾北支部広報係
自治会世話人

まあ、きままな独り言ですから気にしないで訪問してください!

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。